債務整理

シングルマザーが子どもの学費、養育費用を払えないときの対処方法

 

子育てには費用がかかります。特にシングルマザーとして1人で子どもを育てる場合、大人になるまでの費用を用意できるのか不安になりますよね?

 

この記事では子どもにかかる費用をご紹介するとともに、お金を用意する方法をご紹介します。費用を用意できれば、困ることはありませんし子どもにも不便な思いをさせずに済むでしょう。

これから子どもを育てていく方は、ぜひ参考にしてみてください。

アヴァンスレディース 無料相談

子どもにかかる2種類の費用

子どもを育てるときには、以下の2種類の費用がかかります。

養育にかかる費用(生活費)

日々の子どもの「暮らし」にかかる費用です。食費や衣料品、雑費などいわゆる「生活費」が該当します。

 

教育にかかる費用(教育費)

子どもの成長過程では、生活費以外に「教育費」がかかります。幼稚園、小学校、中学、高校、大学と、合計すると非常に高額な費用が発生するでしょう。

 

子どもが22歳になるまでにかかる費用

生活費

子どもが22歳になるまで、生活費としては約1,640万円程度かかると試算されています。

これ以外に「教育費」がかかります。

高校まですべて公立の場合

高校まですべて公立の場合、教育費は約610万円が標準です。

高校まですべて私立の場合

高校まですべて私立の場合、教育費は約2,080万円にもなります。

 

大学に進学した場合

大学に進学すると、さらに高額な費用がかかります。

  • 国公立で自宅通学の場合

4年間で約500万円の費用が発生します。

  • 国公立で自宅外通学の場合

4年間で約950万円の費用がかかります。

  • 私立で自宅通学の場合

4年間で約700~800万円の費用が発生します。

  • 私立で自宅外通学の場合

4年間で約1,100~1,300万円程度の費用がかかります。

 

子どもが大学まで進学すると、養育費と教育費で4,000~5,000万円がかかってしまう可能性もあります。

公立に通わせて費用を抑えても、2,000万円程度はかかる計算です。

そんなお金を用意できない!と感じる方も多いでしょう。

 

子どもにかかる費用を用意する方法

子どもにかかる費用を用意するには、以下のような工夫をしてみてください。

学資保険に加入する

学資保険は教育費の工面に役立ちます。子どもが進学する際にまとまったお金を受け取れるので、学費や学用品の支払が楽になるでしょう。「こども保険」の名称でサービス提供している保険会社もあります。子どもが小さいうちから加入しておきましょう。

相手からしっかり養育費をもらう

シングルマザーの場合、別れた夫からしっかり養育費をもらうことも大切です。養育費の約束をきちんとして、「離婚公正証書」を作って内容を明確にしましょう。支払いが滞ったら早めに弁護士に相談して差押をしてもらうようオススメします。

弁護士の探し方に迷ったら、こちらの離婚サポートサービスから検索してみてくださいね。
離婚サポート 公式サイト

児童手当や児童扶養手当を貯金する

児童手当や児童扶養手当などの各種の給付金は、できるだけ貯金しましょう。小さいうちからコツコツ積み立てていると、それなりに大きな金額に育っていきます。

奨学金を利用する

子どもが大学に行く場合には「奨学金」を利用しましょう。無利子のものを利用できれば、子どもにかかる負担も小さくなります。親が日本政策金融公庫から教育ローンを借りる方法もあります。

しっかり稼ぐ

親がしっかりお金を稼ぐことができれば、子どもの教育資金を払えます。シングルマザーで子どもが小さく外で働くのが難しい場合でも、在宅でできる仕事がたくさんあります。

たとえば筆者もよく利用しているクラウドワークスに登録すれば、月30万円程度出あれば充分稼げます。文章の作成やイラストの作成、データ入力などいろいろな仕事があります。

よかったら、登録して利用してみてください。
シングルマザーでも簡単にお金を稼げる クラウドワークス 公式サイト

借金は早めに債務整理する

もしも今、生活が苦しくて借金してしまっているならなるべく早めに債務整理しましょう。借金を抱えたままでは、とてもではありませんが子どもにかかる費用を用意できません。

借金の利息が高く、返済にいっぱいいっぱいになってしまうからです。

アヴァンス法務事務所なら、女性専用の相談窓口が設置されていて女性スタッフが対応してくれるので安心です。
いきなり専門家に連絡するのは怖い、という方も、ぜひ一度問合せをしてみてください。

アヴァンスレディース 債務整理 公式サイト
将来、子どもに希望する教育を受けさせることができないと、ガッカリさせてしまったり何かを諦めさせてしまったりすることになります。

 

そんなことになる前に、早めに借金問題を解決しましょう。

ABOUT ME
福谷陽子
弁護士としての経験を活かして、法律記事を中心にライターとして活躍中。多くの法律系ポータルサイトや法律事務所様などからご依頼をお受けしております。弁護士事務所向けのコンサルタント業務も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さいね!

スポンサーリンク