起業・マーケティング戦略

「ターゲット選び」が成功するビジネスに重要!「団塊シニアマーケティング」のススメとは?

ビジネスで成功するためには、何が一番重要だと思われますか?

 

頭に浮かぶのは、以下のようなことかも知れません。

 

  • 見込み客を集めるための集客力
  • 商品を売る顧客リスト
  • 魅力的な広告、チラシ
  • 販売力の高い営業マン
  • 魅力的な商品やサービスの開発

 

確かにこのようなことも重要ですが、もっとも大切なのは、これらとは違います。

 

団塊シニアマーケティング

 


スポンサーリンク


1.ビジネスで成功するには「ターゲッティング」が重要

 

重要なのは、「ターゲット」の選定です。

 

どんなに良い商品を作っても、ターゲッティングを間違えると全く売れません。

 

もし、運良く売れたとしても、お客様の満足度が低くなるので、リピートはしてくれず、商売が先細りになってしまいます。

 

反対に、適切にターゲッティングをすれば、売り方は少々下手でも商品やサービスが売れていきます。

 

たとえば、日本では水が有り余っているので、飲食店では水がタダで出てきますが、実はそういった国は少ないです。特に、砂漠の国では石油より水の方がよほど高価です。

 

ビジネスでもこれと同じで、ターゲッティングに着目すると、飛躍的に成功しやすくなります。起業前にしっかりと検討しておく必要があります。

スポンサーリンク




2.「団塊シニア層」に着目するメリット

今回ご紹介する「団塊シニアマーケティング」は、「団塊シニア世代」をビジネスのターゲットにするための本です。

 

今は、少子高齢化が進んでおり、若者の人口はどんどん減少しています。

また、若者は、あまり自由になるお金を持っていないので、商売のターゲットには向きません。

これに対し、団塊シニアの世代は、日本の人口の中で8%となっており、最も多くの比率を占めています。

さらに、個人金融資産の60%はシニア層が保有していますし、もはや子育てなども終わって自分のためにお金を使えるので、購買力は抜群です。

 

つまり、既にある程度の財産を作っていて、仕事からも一線を退いて、お金と時間に余裕があり、セカンドライフを送っている人たちです。

 

この世代に上手くアプローチをすれば、ビジネスが非常に有利に展開できることは明らかですよね?

 

団塊シニアマーケティング

 

3.セブンイレブンも、団塊シニア層へとシフトして成功している

実際に、セブンイレブンやイトーヨーカドーは、シニア層にターゲットをシフトして、既に大きく成功しています。

たとえば、セブンイレブンが行った調査「コーポレートアウトライン2013」によると、1989年時点では、セブンイレブンの1日1店舗あたりの平均客数割合の63%は30歳未満の人であり、50歳以上の割合は9%でした。

 

これに対し、2011年度では、30歳未満の人の割合は33%と約半減して、反対に50歳以上の人は30%となり、3倍強に変化しているのです。

 

 

スポンサーリンク




4.具体的に、シニア世代へアプローチする方法とは?

このように、シニア世代へのアプローチが有効と言うことがわかっても、具体的にどうやって団塊シニアにアプローチしたら良いのか、わからない、という方も多いでしょう。

それを教えてくれるのが、この「団塊シニアマーケティング」です。

 

この本には、団塊シニアの考え方や傾向、好みや特徴などの重要な情報が詰まっています。

たとえば、シニア世代には、以下のような特徴があるとされています。

 

  • 団塊シニア層は保守的なので、行動を予測しやすい
  • 保守化の傾向は、変化しにくい
  • 団塊シニア層は、女性の方が財布のひもを握っている
  • たくさんの資産を持っているが、どこかにお金の不安を持っていることもある
  • 優良顧客を紹介してくれる
  • 昔ながらの信頼を重視する
  • 権威者による助言を受け入れやすい
  • 郵便を好むので、開封して読んでくれる
  • 長い資料にも目を通す
  • 本や記事、ニュースメディアを重視する
  • 長いプレゼンテーションでも聞いてくれるし、見てくれる

 

いかがでしょうか?これだけの特徴がわかったら、簡単に商売に活かせそうですよね?

 

これから新しく起業をしたり、事業の方向性を定めようとしたりしているなら、この団塊シニアマーケティングを一度手に取ってみて下さい。

どのような業種の方でも、参考になると思います!

団塊シニアマーケティング

4.ぴりかの感想

ぴりかは、この本を読んで、「商売にはターゲッティングが重要」というところに共感しました。

たとえば、ぴりかも、弁護士をしているとき、離婚案件が多かったので、離婚したい女性とか男女問題に巻き込まれている人などをターゲットにすることがありました。

債務整理の多い事務所なら借金している人がターゲットですし、遺産相続案件なら、シニア層がターゲットになりますよね。中小企業法務なら社長さんです。

 

確かに、ターゲッティングが出来ても、具体的なアプローチ方法が分からなかったら意味がありません。

この本は、有力なターゲットである「団塊シニア」の傾向をあますことなく紹介してくれるので、どのような事業をするときにもとても役立つと思います。

たとえ、団塊シニアに特化した事業でなくても、団塊シニアをお客様にすることはあるはずですから、必ず参考になります。

また、この本の考え方を応用して、他のターゲットの顧客取り込みに役立てることもできるでしょう。

 

商売をしている方もそうでない方も、団塊シニア層の考えを知りたい方や、ターゲッティングに関心をお持ちの方は、是非とも一度、手にとってお読みいただけたらと思います!

 

こちらからどうぞ!

団塊シニアマーケティング

スポンサーリンク




ABOUT ME
ぴりか
弁護士としての経験を活かして、法律記事を中心にライターとして活躍中。多くの法律系ポータルサイトや法律事務所様などからご依頼をお受けしております。弁護士事務所向けのコンサルタント業務も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さいね!

スポンサーリンク