起業・マーケティング戦略

スティーブ・ジョブズ氏やオバマ大統領の「カリスマ性」の秘密とは?「社員を動かす社長のカリスマ仕事術」のご紹介

今回ご紹介する本は、経営者やリーダーに必須の「カリスマ性」について書かれたものです。

事業運営するとき、会社経営するとき、プロジェクトリーダーを務めるとき、会社の部署をまとめる立場になったときなどのビジネスシーンはもちろんのこと、サークル活動や友人関係、家庭内など、プライベートな場面でも「カリスマ性」は非常に重要です。

 

カリスマ性というと、「生まれながらのもの」と思われがちですが、実は「工夫1つ」で身に付けられる要素があるのです。

以下で、さっそく見てみましょう!

社員を動かす社長のカリスマ仕事術


スポンサーリンク


1.スティーブ・ジョブズ氏のカリスマ性の秘密

Appleの故スティーブ・ジョブズ氏は、「カリスマ経営者」として有名な方です。

彼の発案で売り出されたiPhoneは、今やスマホの中でも他の追随を許さない売れ行きとなっていますし、iPadやMacのPCにも根強いファンが多いです。

 

スティーブ・ジョブズ氏のカリスマ性の秘密は、どのようなところにあるのでしょうか?

 

それは、人に「行い自体に価値がある」と思わせることです。

この能力は、過去の偉大な指導者であるイエス・キリストやマハートゥマ・ガンジー、マーチン・ルーサー・キング牧師などにも通じるものです。

 

宗教を信じている人たちは、指導者に強制されるから毎日お祈りや修行をするわけではありません。

人々は、ガンジーに強制されたから不服従運動をしたのではありませんし、キング牧師に強制されたから非暴力運動をしたわけでもありません。

 

信奉者自身が

「これが私の生きる道」

「これが人として正しい選択」

「適切な行動をしている」

 

このように考えて、誰もが自発的に活動していたはずですよね?

 

ジョブズ氏の場合も、これと同じです。

生前、彼はよく

 

「私たちは、『顧客のためにならない商品』は作らない」

 

と言っていたそうです。

 

この彼の思いやビジョンに共感して、多くの人が自発的にApple社で働き、Ipodやiphoneなどの世界的な大ヒット商品が生み出され、革新的なイノベーションを実現したのです。

 

ジョブズ氏もキリストもガンジーもキング牧師も、他人に「行い自体に価値がある」と思わせました。これは、「リーダーシップ」につながります。

 

会社経営をするにもサークルを束ねるにも会社でプロジェクトリーダーを務めるにも、どのようなことをするにも「リーダーシップ」を身に付けると、非常に役立ちます。

 

この本には、ジョブズ氏のようなリーダーシップを手に入れる方法がたくさんちりばめられています。

 

一般の方でも実践できることばかりなので、とても参考になりますよ!

社員を動かす社長のカリスマ仕事術

スポンサーリンク




2.オバマ大統領のカリスマ性の秘密

もう1つ、アメリカのオバマ大統領の例を、ご紹介します。

 

オバマ大統領は、非常にスピーチが得意なことで有名な大統領です。

選挙の頃から絶賛されていて、それによってカリスマ性を発揮し、見事大統領に当選しました。

 

オバマ大統領のスピーチのカリスマ性は、どこから来たものだったのでしょうか?

  • 自分がよく知っていることを、しっかりと情熱をもって話す

知っていることなら、自分の言葉でしっかり話せます。

  • 事前に入念に準備調査をした上で話す

よく知らないことでも、事前にしっかりリサーチしておくことで、自信を持って話すことができます。

 

このようなことが、説得的なスピーチのためにとても重要です。

 

また、以下のような「テクニック」もあります。

  • 重要なことは「3回繰り返す」

3回繰り返すことにより、しっかりと聴衆の頭に刻み込まれます。

  • 6分ごとに、こまめに方向を変える

統計上、聴衆が注意を持続できるのは6分間なので、6分ごとに、こまめに方向を変えると効果的です。

 

いかがでしょうか?意外と実践できそうなことが多いのではないでしょうか?

 

優れたリーダーになるためになすべきことは、先人に習うことができるのです。

 

そのガイドブックが、本書「社員を動かす社長のカリスマ仕事術」です。

この本には、普通の人でもカリスマ性を発揮して、リーダーシップを発揮できるエッセンスが詰まっています。

 

 

会社、ビジネス、サークル活動、地域活動、家庭内など、あらゆる場面で「リーダーシップを身に付けたい」と考えておられるなら、是非とも一度、この本をお手にとってお読み頂けたらと思います!

社員を動かす社長のカリスマ仕事術

3.ぴりかの感想

ぴりかは、決してリーダーシップのある方ではありません。

猫好きなことからもわかるように、猫のようにマイペースで、どっちかというと、人には関わらない方です。

リーダーシップというのは、生まれつき持っている人が持っているものだと思っていて、自分にはあまり関係ないと思っていたのですよね。

 

でも、この本を読んで「リーダーシップというのは、意外と『作られる』ものなんだ」と驚きました。

これからは、この本に書かれていたことを意識して行きたいと思います。

そうしたら、少し人生や生き方が変わりそうな気がしています!

 

みなさまも、少しでもリーダーシップやカリスマ性に関心があったら、是非とも一度、ご一読なさることをお勧めします!

↓こちらからどうぞ!

社員を動かす社長のカリスマ仕事術

スポンサーリンク




ABOUT ME
ぴりか
弁護士としての経験を活かして、法律記事を中心にライターとして活躍中。多くの法律系ポータルサイトや法律事務所様などからご依頼をお受けしております。弁護士事務所向けのコンサルタント業務も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さいね!

スポンサーリンク