起業・マーケティング戦略

洋菓子店(ケーキ屋)、パン屋が売り上げアップするためのもっとも簡単な方法

「洋菓子店を経営しているけれど、なかなか売り上げが上がらない」

「ライバル店は、売れ行きが好調なのに、何が違うの?」

一生懸命に修行をして洋菓子店、ケーキ屋、パン屋などを開業しても、なかなかうまく軌道に乗らないことがあります。

こんなときには、「広告」に注目すると、驚くほど売り上げが改善される可能性があるのです。

今回は、洋菓子店やケーキ屋、パン屋が劇的に売り上げアップする方法をご紹介します。

 

詳細はこちら


スポンサーリンク


1.売れる洋菓子店の広告と売れない広告の違い

売れる洋菓子店の広告と売れない洋菓子店の広告、一体何が違うのでしょうか?

まずは、売れる広告と売れない広告の例をみてみましょう。

その1

「当店の最新の逸品を、是非とも試食してください」

その2

「チョコレートが好きなみなさまに朗報!

チョコづくしの「ボルケーノ・パイ」はいかが?

もちろん無料!」

 

1と2を比べてみたら、2の方が印象が強くないでしょうか?

いったいどんなお菓子なんだろう、と気になって、試食してみたいし「一度食べに行ってみようかな」と思ってしまいますよね。チョコ好きな人にはなおさら刺さります。

実は1と2の変更点はシンプルです。

「最新の逸品」を具体的な商品名(ボルケーノ・パイ)や「チョコレート」に言い換えて「試食」を「無料」と表現を変えたことだけです。

つまり、「見出し」を工夫するだけで、広告では劇的な違いを生み、大きな効果を得ることができるのです。

スポンサーリンク




2.売れる洋菓子店の広告の秘密:ネガティブな指摘が有効!

もう1つ、広告の秘密に「ネガティブな指摘が有効」という法則があります。

以下で、具体的にご紹介します。

たとえば、枕カバーを売ろうとしているとします。

この枕カバーには特殊加工が施されていて100%ダニの侵入を防げるという非常に衛生的なものです。一流大学の教授や一流企業の専門研究機関が開発しました。

価格は980円です。

このようなとき、素直に

「100%ダニの侵入を防ぐ」

「大学教授と専門チームが開発」

「たった980円」

と書いても、「ふぅん」と思われて終わってしまう可能性が高いです。

 

それよりも、効果的なのは、ネガティブな情報を書くことです。

以下のような表現方法をしてみたらどうでしょう?

「実は、枕を2年間使用すると、枕の重量の10%は「ダニの死骸とその排泄物」になると言われています。枕カバーには、何千、何万というダニが存在し、卵を生んで増え続けるからです。糞もしますし、死骸になって残るダニも多いです。

しかも、残念なことに、洗濯ではダニの侵入を防ぐことは不可能です。」

このようなことを書かれたら、読む人は「ぎょっとして」どうすればいいんだ?と思い、読み進めてしまいます。

そこで、以下のように続けます。

「この枕カバーは、ダニの侵入を100%防ぎます。始めからダニが入ってこないため、これを使えば、枕にダニが増えることもなく、ダニの排泄物や死骸が溜まることもありません。

ずっと衛生的な枕を使って寝ることができます。

一流大学の教授と一流企業の研究機関が共同で開発した商品で、値段はたった980円です!」

こっちの方が「それなら、買おうかなあ」と思ってしまいますよね。

このように、当初にネガティブな情報を提供して、それを覆すメリットを伝えれば、とてもインパクトが強くなるので、商品が飛躍的に売れやすくなりやすいです。

つまり、人が本来持っている心理や感情の傾向を利用することで、効果的な広告が可能となります。

洋菓子店のケースでも同じことが言えますよね。食品添加物やアレルギー原因物質などに置き換えることも考えられます。

実は、上記はすべて「現代広告の心理技術101」という本に書かれている内容です。この本では、こうした効果的な広告方法が101個も紹介されています。

ここに書かれている例を参考にしてホームページやFacebook、チラシなどに有効活用できたら、あなたの洋菓子店でも大きく集客アップできます。

そのまま使える事例集なので、売り上げの伸び悩んでいる洋菓子店の方は、是非ともお読みくださいね。

詳細はこちら

 

スポンサーリンク




ABOUT ME
ぴりか
弁護士としての経験を活かして、法律記事を中心にライターとして活躍中。多くの法律系ポータルサイトや法律事務所様などからご依頼をお受けしております。弁護士事務所向けのコンサルタント業務も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さいね!

スポンサーリンク