法律問題

出会い系サイト、ネット副業詐欺!弁護士に依頼するメリットは?

 

ネットを利用していると、いつの間にか出会い系サイトに誘導されて課金を促されるケースが少なくありません。

「必ずもうかる」などと言われて高額な商材を購入したけれど、実際には稼げなかった、という方も多いはずです。

 

実は騙されて課金させられた場合、被害金を取り戻せる可能性があります。

 

ただし自分で相手に連絡を入れてもお金を払わせるのは簡単ではありません。専門知識とスキルを持った専門家に依頼する必要があるでしょう。

 

今回は出会い系サイトやネット副業詐欺に遭ったときに弁護士に依頼するメリットをご紹介します。

 

ネットで悪質商法にだまされた方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ネット詐欺の被害金をスムーズに取り戻せる

  • バイナリーオプション
  • 転売(せどり)
  • アフィリエイトや仮想通貨
  • ライターなど

 

「稼げる」「副業で不労所得」などといわれると、ついつい高額な商材を買ってしまう方は多数おられます。

SNSで仲良くなった人を信用してやりとりしていたら、出会い系サイトへ誘導されて高額な課金をされるケースもあるでしょう。

 

そんなとき、弁護士に依頼すると被害金をスムーズに取り戻せる可能性が高くなります。

自分で対応すると内容証明郵便の作成や相手方との交渉、合意書の作成など多大な労力がかかりますが、弁護士に依頼すれば自分ではほとんど何も対応する必要がありません。

 

スピーディかつ楽に被害金を取り戻せるのは大きなメリットとなるでしょう。

 

 

相手が真摯に対応する可能性が高くなる

出会い系サイトやネット副業を勧誘する悪質な業者や個人は、被害者本人がお金の返金を要求しても応じないケースがほとんどです。

「返金には応じられません」といわれるか、無視されるケースが多いでしょう。

 

そんなときでも弁護士が内容証明郵便を送付すると、態度が変わって真剣に対応するようになるものです。

弁護士からの連絡を無視していると裁判を起こされたり差し押さえをされたりする可能性が高くなるからです。

 

自分で相手に連絡しても被害金を返金してもらえない場合には、早めに弁護士に相談してみてください。

 

相手が不明な場合、調査して正体を明らかにできる

インターネット上で詐欺被害に遭った場合、相手が誰かわからないケースも少なくありません。

SNSで知り合った個人から商材を買った場合、アカウント名しかわからない方も多いでしょう。

出会い系サイトを利用した場合などにも、運営会社がはっきりしないケースも少なくありません。

そんなとき、弁護士に依頼すると弁護士法23条照会や仮処分などの手続きを利用して相手の正体を明らかにできる可能性があります。

 

素人では調査方法にどうしても限界があるものです。

弁護士に依頼すると匿名の相手にも被害金を請求できる可能性があるので、困ったときにはあきらめずに相談してみてください。

 

相手が不誠実な場合、裁判もできる

ネット詐欺などの被害に遭ったとき、相手に請求をしても誠実に対応してもらえるとは限りません。

「こちらに落ち度はないので返金には一切応じられない」といってくるケースも考えられます。

相手が不誠実な場合には裁判をしなければならない事態も想定されるでしょう。

弁護士にまかせていれば、裁判になっても対応してもらえるので安心です。

相手が資産隠ししそうな場合には仮差押で預金を凍結させることもできますし、相手が判決に従わない場合には預金や不動産などの財産を差し押さえて被害金を回収できる可能性もあります。

 

 

ネット詐欺被害は自分を責めずに弁護士へ相談を

出会い系サイトで騙されて課金してしまったり、ネット副業で「稼げる」といって騙されたりした場合、被害者は「自分が悪い」と思って自分を責めてしまいがちです。

お金をとられたのに相手を責めず、「騙された自分に責任があるから、今回は勉強代だと思って諦めよう」と考えてしまうのです。1人で抱え込み、家族へも相談できない方が少なくありません。

 

しかしネット詐欺に遭ったとき、悪いのは被害者ではありません。違法行為をしてお金を集めている加害者の方に、明らかに責任が及びます。詐欺被害に遭ったとき「勉強代」などと考えてあきらめる必要はありません。

 

弁護士に依頼すると正当な権利を主張して被害金を取り戻せる可能性があります。

「自分が悪い」と責めてしまうストレスから解放されるメリットも大きいといえるでしょう。

 

騙されたと思っていなくても被害金を取り戻せる可能性がある!

出会い系詐欺やネット副業詐欺のパターンは多彩です。

あなた自身が「騙された」と意識していなくても、実際には騙されて課金させられているケースもあります。

 

たとえば「相手の売上や資産額」を信じて商材を購入してしまった場合、相手と話をしたいので出会い系サイトに課金してしまった場合、パパ活女性から「家賃を払えない」「クレジットカード代金を払えない」などと言われてお金を与えてしまった場合などにも「詐欺」としてお金を取り戻せる可能性があります。

 

あきらめる前に、弁護士へ相談してみてください。

 

こちらの弥栄法律事務所では、ネット被害に強い弁護士が専門的に被害金の取り戻しに対応してくれます。相談料も着手金も無料となっているので、持ち出しにはなりません。

詐欺被害に遭ったかも?と少しでも心当たりがあるなら、ぜひ相談してみてください。

相談料、着手金無料で完全成功報酬制。ネット副業の詐欺被害の専門弁護士に相談する

ABOUT ME
福谷陽子
弁護士としての経験を活かして、法律記事を中心にライターとして活躍中。多くの法律系ポータルサイトや法律事務所様などからご依頼をお受けしております。弁護士事務所向けのコンサルタント業務も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。 ツイッターで情報発信しているので、お気軽にフォローして下さいね!

スポンサーリンク